何故体を作るトレーニングが必要なのか?

多くの方々は脂肪を落とそうと、とにかく動かさなければ! と走ってみたり、DVDを見ながらダンスをしてみたり、息切れするほどお掃除してみたりします。
でも残念ながら、それらのエネルギー消費は人間の全エネルギー消費のうちたった2割にしか過ぎないのです。
経験ありませんか?よく雑誌に載っている消費カロリー30分走ったのに…たったこれだけのカロリーしか消費しないの?!って。

動いて脂肪を落とそうとするのは、本当に気が遠くなる話なのです。

ではどうすれば?

実はエネルギーのほとんどを消費するのが基礎代謝なのです。

代謝グラフ基礎代謝とは・・・
じっとしていても動いているエネルギー
内臓を動かしたり、呼吸したりする時に使われるエネルギー

活動消費とは・・・
生活活動する時に使われるエネルギー
食事したり、掃除したり、スポーツしたりする時に使われるエネルギー

DIT・UCPとは・・・
熱となって放出されるエネルギー

その基礎代謝の40%を占めているのが筋肉なのです。
そして、筋肉は脂肪分解してくれる場所なのです。

しかし、筋肉は年と共に衰えていくという特徴をもっています。衰えるという事は、脂肪を燃やされるところがないので、また貯蔵庫へ戻り、どんどん脂肪は蓄積されます。

◎筋肉は30歳の時に比べて、70歳になると半分の量に減ります。
30歳で階段が苦痛に感じている方は、70歳には歩く事すらよろめいているでしょう。

◎筋肉が衰える事で体の中での消費カロリーは減っていきます。
 40歳で1日50kcal  50歳で1日180kcal  年間3万6500kcal

脂肪で考えると 4kgの脂肪が1年で溜まった状態になるのです。
(ランチへ行き・・・飲み会へ行き・・・普通に食べているだけで・・・)
よく思いませんか? 若い時より食べていないのに、何でお腹まわりに贅肉がつくのかしら?
 ・・・なんて

矢印


筋肉を効率よく作っていくには、筋肉に収縮をかけたり重力をかけたりする事で(科学的かつ物理的変化をつける事で)大量にでる成長ホルモンの働きで脂肪分解及び筋肉繊維を強く大きくさせます。
それが、短期間で効率よく体を作り上げるキーワードです。

カウンセリング予約
問い合わせ
営業時間
Copyright(c) 2012 body-spice All Rights Reserved.    格安ホームページ制作Eazyweb